オンラインのビジネス日本語学習はZipan【技能実習生の補講】
困ってる人

  • 外国人に対して質の高い日本語教育を受けさせたい。
  • 来日を控えた外国人に正しい日本語を学ばせたい。
  • 技能実習生に対してビジネス日本語とマナーを学ばせたい。


こういった要望に対して「Zipan」のオンラインビジネス日本語講座は有効です。

記事の概要
1.オンラインで学べるビジネス日本語講座「Zipan」の説明。
2.Zipanは外国人の日本語学習サービスとしておススメな理由。
ロボット

この記事を書いている私は、インドで語学学校(TearakoyaLanguageSchool)を経営しており、
インド人の方向けに日本語を、日本人駐在の方向けに英会話サービスを行っています。
今回はTITPとも関係しそうな日本語オンライン学習サービス「Zipan」について説明します。

オンラインで学べるビジネス日本語「Zipan」ってなに?

Zipanは英会話や外国人のIT技術者紹介業を行っているBizmates社が
提供している、外国人向けビジネス日本語のオンライン学習サービスです。
日本で働くために渡航を控えている外国人労働者が正しい日本語やビジネスマナーを
学ぶためのカリキュラムを用意しています。

Zipanは日本語レベルが中級以上の人が対象です。

Zipanのカリキュラムは日本語レベルが中級以上の人を対象にしています。
日本語検定でN4レベル以上の基本的な日本語の会話を理解できるレベルになります。
基礎の部分は現地の日本語学校で学んでもらった後にさらなるレベルアップを図るための
サービスと考えましょう。

ビジネス経験のあるハイレベルな講師によるトレーニング

Zipanでは日本のビジネスに精通した経験豊かな講師がレッスンを担当します。
外国人ビジネスパーソン向けに開発されたオリジナル教材を使ったレッスンで
受講者はビジネスシーンで使う専門用語や日本独自のマナーやルールを学ぶことが出来ます。

外国人技能実習生向けの補講として最適

Zipanの教育システムは渡航を控えた外国人技能実習生の補講として最適です。
日本の労働現場から外国人技能実習生に対してN4,N3レベルの日本語能力が求められます。
送り出し業者は技能実習生に対する日本語と日本のマナー教育を終えた後で
実習生を送り出すという名目になっていますが、
実際のところN4はまだしもN3レベルの日本語を現地で身につけることは至難の業と言えます。
日本の技能実習生受け入れ側の団体や企業としても、正しい日本語教育を行える人材は多くはいません。

そんな時にZipanは規定の日本語学習を終えた技能実習生の補講として存在価値が高いと考えます。
私共もインド人向けに日本語教育を行っていますが、N4レベルから上にいくのは簡単ではないと
実感しているところです。
ビジネスマナーの教育については、シチュエーション別の授業が必要になるため
なかなか難しいというのが実情です。
そのような現実を考えた場合、Zipanの教育システムは渡航前の外国人労働者に有効だと断言できます。
まず無料体験でサービスを確認してみて下さい。

無料体験レッスンはこちら

Zipanのシステムと料金

無料体験 あり
講師 厳しい採用プロセスと選考を経たプロ
教材 オリジナル教材を使用
受講生の評価方法 6段階のレベル×5段階のランク分け
授業形式 スカイプによるオンライン・マンツーマン授業
入会金 なし
料金
  • 25分×5レッスン 月額 12,500円(税抜)
  • 学習中のランクのレッスンビデオ見放題
  • <学習中のランクのテキスト読み放題

無料体験レッスンはこちら

まとめ

Zipanのサービスについて、その特徴を説明してきました。
最後にZipanについてまとめます。

「Zipan」ビジネス日本語のオンライン学習は

  • 外国人向けのビジネス分野に特化した日本語学習サービス
  • 日本語レベル中級以上の外国人向けのサービス
  • ビジネス経験のあるハイレベルコーチが指導
  • 外国人技能実習生向けの補講として最適

無料体験レッスンはこちら