インド 英語教育の特徴 子供の学習

インド 英語教育の特徴を紹介

ンドは言わずと知れた英語大国です。

インドではその歴史や多言語国家であることが

英語の普及に大きく影響しました。

今回の記事ではインドで行われている英語の教育について紹介します。

特に子供に対する英語教育の話題が中心になります。

英語教育は小さな子供の頃から始まっている

の妻はインド人です。

妻の姉夫婦には5歳になる息子がいるのですが、

すでに家庭教師をつけて英語の学習をしています。

家庭教師を雇える経済力をもっていることが前提となりますが

インドの子供は4歳ころから本格的な語学勉強を始めます。

数字を覚えるのと同時にアルファベットを覚える感じです。

インドは日本以上に学歴社会で貧富の差が激しい国ですので

子供の将来を考える親たちが必死になることは理解できます。

インドの小学校も日本と同じように国公立と私立に分かれます。

日本と違い比較的裕福な家庭の子供はほぼ確実に私立の学校に通います。

私立学校の方が圧倒的に教育レベルが高く

その多くでは授業が全て英語で行われています。

英語教育の方法 子供向け

供に対する英語教育は家庭教師を雇ったり、

英語が話せる親が子供に教えるなど様々ですが

最近では動画を使った英語教育が人気です。

スマホやスマートTVを使って子供向け動画を視聴します。

家の中はもちろん、

電車の中でも子供にアニメ動画を見せている光景をみかけます。

スマホアプリでも子供向けコンテンツが豊富にあります。

特に有名なのがこちら⇒BYJU’S

小学生をメインターゲットにして商品開発がされていて

インド最大のシェアを誇っています。

低価格でサービスを利用できる点が最大の魅力です。

ディズニーと提携しているので、

子供に人気のディズニーキャラクターを登場させながら

遊びの延長上として英語を学ぶことができます。

Youtubeで無料動画が見られますので、

忙しいお母さんは子供に英語教材動画を見せておけば

自分の時間ができますし教育にもなるので助かります。

動画はスペルが表示されるタイプが好ましく、

せっかくの動画なので目と耳両方で英語を覚えられる教材を選びましょう。

インドの子供たちはこのような動画で日々英語を勉強しているのです。

まとめ

ンドの英語教育について紹介しました。

インド人が英語に強い理由は色々とありますが、

子供のころから母国語よりも英語の教育に力をいれていることが最大の理由です。

今では無料のツールやオンライン講座もあるので

何でも見につく子供のうちから英語教育を始めましょう。