インド ビザの手続き コロナウイルス対応を大使館がツイート

インド大使館がコロナウイルス影響によるビザ対応についてツイート

ンド政府は日本、韓国、イタリア、イラン国籍者に対して

3月3日以前に発給されたビザを無効にすると発表しています。

これによって、インドに渡航予定であった日本人をはじめ、

一時帰国中であったインド現地法人で働く駐在会社員まで影響が出ています。

インド政府の急な措置であったため困惑している方が多いと思います。

ここで、3月6日 インド大使館が不安を鎮めるためにツイートしました。

Visaに関する大使館の正式通達

ンド大使館のサイトでVisa対応に関する通達を確認できます。

大使館の通達はこちら(英語)

大使館からの通達をポイントだけ要約

*最新情報はインド大使館に問い合わせてください。

*********************************************

コロナウイルスの影響でVisa発給の手続きが一時的に改訂されました。

1. 2020年3月3日以前に日本人に発行されたすべてのビザが一時的に停止された。
 外交パスポート所持者は除く
2.現在、オンライン申請は受け付けていない。

3.ビザを保持していて、渡航する説得力のある理由がある人は
 近日東京の大使館か大阪の領事館で新たに申請してください
 再申請者はビザ料金を支払う必要はない。
 既存のビザは現在の一時停止期間が終了した後に有効になる。

4.アプリケーションは特別のフォームが必要で、
 東京と大阪のビザカウンターでのみ利用可能。

5.申請者は、大使館/領事館で入手可能な申請書を提出する必要がある(自己申請の形式
 大使館/領事館で入手可能)
 健康状態とコロナウイルスの影響を受けている国への渡航実績の情報


6.申請者はインド渡航が必要な明確な理由をできれば書面で提出する必要がある。
 Visaの役人からサポートしてもらえる可能性がある

7.この時点では、ビザ手数料は支払わない。

8.大使館/総領事館がインド渡航の必要性を確認すると、申請者に通知される。

9.ビザ手数料が徴収される。
 新規申請のみ。
 既存のVisa保有者の場合は徴収されない。

10.インドに入国するすべての人は、
 インドの電話番号と住所などの情報がある自己申告フォームと旅行履歴を
 保健当局および入国管理職員へ提出する。

************************************

どうしてもインドに渡航する必要がある人は

インド大使館か領事館に直接行って申請すればいいみたいです。

Visa保持者だけではなく、

新規申請の場合は有料となると通達に書かれているので

新規申請も出来るみたいです(正確な情報は大使館にお問い合わせください)

3月3日のツイートではvisa申請を受け付け中とツイートされています。

 

まとめ

ンドに家族を残して日本で足止めされている方も多いと思いますが

正当な理由を説明できれば大使館、領事館に直接新規Visa申請が出来るようです。

*最新情報はインド大使館に問い合わせてください。