インドのコンビニCoffee Day essentialsは狭い!?

Coffee Day essentials

Coffee Day essentialsはインドのカフェ大手のCoffee Dayグループと

日本のインパクトホールディングスが出資している

インドにおけるコンビニ運営会社です。

前回の記事ではAmar Colony店に行き、

店の様子や客足を確認しました。

今回はMalviya Nagar店です。

実際に店で買い物をして何人の客が来店するのか確認してきました。

Coffee Day essentials Malviya Nagar店

Malviya Nagar店も比較的自宅から近く、

メトロと徒歩1時間程で着きました。

店はShivalik Colony内にあります。

デリーメトロのHauzKhas駅とMalviyaNagar駅の中間地点に位置します。

HauzKhas駅から歩くこと15分

Google mapの位置情報通りにコンビニがありました。

第一印象は、

!!

Amar Colony店も狭さを感じましたが、

今回は更に狭い。

狭すぎて写真をとるのも気がひけます。

店内の様子を写真で紹介します。

キレイな店舗ですが、

写真から狭さが伝わるでしょうか?

日本の一般的なコンビニの1/4程度の広さ程です。

店のサービスについて

員さんは若い男性1名です。

ちょっとシャイな感じで、

私が入店した時に小声で恥ずかしそうに

「いらっしゃい」みたいな言葉をかけてくれました。

Amar Colony店と同じく、

レジでコーヒーやチャイを注文するサービスがありますが

他の商品を購入すればチャイがRs.10で買えるサービスは

Malviya Nagar店では行っていないようでした。

今回私は7upを購入しました。

店があるのはどんな場所?

潔に説明すると「比較的高級な住宅街の中にあるマーケット」になります。

この条件はAmar Colonyと似ています。

隣の店舗はドラッグストアで、

向かい側には24 sevenがありました。

画像と動画で店周辺の様子を紹介します。

動画はこちら

客入りはどれくらい?

入りがどれくらいか今回も短時間ですが来店した人数を数えてみました。

またまた短時間ですいません・・・

  • 日時:2020年3月4日(水) 13:00 – 13:30 
  • 場所:Malviya Nagar店
  • 人数:3名
  • 客内訳:若い男性、若い女性、若い男性

前回同様お客さんが少ない?

今回は売れた商品もチェックしてみました。

最初の男性:飲み切りタイプの牛乳パック

2番目の女性:カウンターで注文するタイプのチャイかコーヒー

3番目の男性:商品をもっていなかったので確認出来ず。

もっと調査してほしい! そんな場合は便利屋しますのでご連絡下さい。

   ↓↓

なぜ店が狭いのか?

際に訪れた2店舗とも店が狭い印象をうけました。

特に今回のMalviya Nagar店は狭さが顕著です。

デリーの住宅事情

1つ目の理由はデリーの住宅事情にあります。

マーケットにあるデリーの住宅はどれも隣家と壁を共有する長屋です。

道の接する玄関側から建物の奥に向かって細長く延びる形になっています。

大方の建物は3階から4階建てで、

1階と地下がテナントになっていることが多いです。

建物の大きさは多少の差はあれど、

ほぼ同じサイズになっています。

このため、人が集まるマーケットで店舗を構える場合は

細長く、狭い店舗となってしまうのでしょう。

新店舗出店を急いでいる

Coffee Day essentialsは2018年から5年計画で

店舗を2000店舗まで増やす計画をたてているようです。

そのため、空いている店舗の契約を急いでいいるのかもしれません。

未契約の比較的広い店舗は稀ですし、

広いテナントが空くことを待っている時間はないのでしょう。

実際にCoffee Day essentialsの情報を確認すると、

キヨスク業態のコンビニと紹介されています。

狭くて大丈夫か?

コンビニにとって店舗面積は重要な要素です。

小型店舗を次々と出店しているCoffee Day essentialsですが、

競合するキラナショップとの違いを作れていないのでは?

と、私は考えます。

まとめ

Coffee Day essentials Malviya Nagar店に実際に行った様子を記事にしてみました。

Amar Colony店同様に店のクオリティは高いのですが、

店舗の狭さが印象的でした。

以上です。